« ゲリラライブ | トップページ | 編曲中 »

2013年4月26日 (金)

やっぱ、だめだった

私の足には、ちょっとした障害があります。

ずっと前からの読者の方であればわかっていることですけど、脱臼骨折による後遺症で毎日痛みと戦っております。

足首を曲げると、とても痛みます。

正座はできません。

少しの時間ならあぐらはできますが、すぐ痛みが襲ってくるので、基本、床に座ることが厳しい状態です。

歩きすぎると、痛くて夜は眠れません。

この写真のように、足首の内側と外側を切って4箇所の骨折をプレート1枚とボルト10本で固定しました。

Img_20130426_213519

Img_20130426_213443

1年後、2回目の手術を受け、プレートとボルトは全て除去しました。

地元周辺のいろんな病院へ行き、この痛みがなんとかならないか相談してきましたが、どこに行っても「どうすることもできない」と言われ続けてきました。

唯一の解決策は、補装具の製作。

曲がってしまった足をまっすぐに補正するものです。

これを使用すると、歩き方が綺麗になります。

現在は、その補装具を使っています。

見た目にはわかりません。

でも、痛みだけはそれを使ってもおさまりません。

先日、最後の望みをかけて、北海道内の整形外科で知名度の高い病院を受診しました。

前から行きたいと思っていたのですが、時間がなくていけなかったんです。

電車を乗り継ぎ、5時間かけて病院まで行きました。

足首専門の先生に予約をしていたので、すんなり自分の番となりました。

苦しみ続けて3年。

今日、何か新しい対応策が示されるかもしれない。

期待と不安が入り混じりました。

レントゲンを見た女医(おばあさん)は、「綺麗に治っています」と…

私、「この痛みはなんとかなりませんか?」

女医、「どれだけの骨折だったかこのレントゲンだけではわかりませんが、これ以上、どうすることもできません」と。

その後いろいろ話を聞いてくれました。

この時、本当にこれ以上は望めないことがわかりました。

足首を固定する方法があるとのことでしたが、固定してしまうのはもったいないとのことです。

そうですよね…

足首が曲がらなかったら、さすがにきつい…

一切力をかけれない…

見た目も悪い。

現状維持で頑張るしかない。

でも、今回の受診で、気持ちがすっきりしました。

この足首とうまく付き合っていくしかない。

だから、うまく付き合っていく方法を探ります。

で、杖を買うことにしました。

少しは楽になると思います。

無理はしない方がいいですからね。

いろんなタイプの杖があるので、現在選定中。

カラフルで結構おしゃれなやつも販売されてたりします。

まあ、普通でいいか。

仕事中は意地でも使いませんが、買い物とかでたくさん歩く時に使います。

とても楽になると思います。

これからは、気持ちを入れ替えて生活していきたいと思います!

|

« ゲリラライブ | トップページ | 編曲中 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます^^
そうでしたか・・・ 残念です
後は、痛みを取る治療をしてくれる「ペイン・クリニック」と言うのがあります
Pain 痛みの為のクリニックデス
一度、受診されてみてはいかがでしょうか?
少しでも楽になるようにお祈りしています

投稿: まり | 2013年5月28日 (火) 08時23分

まりさんお久しぶりです(^-^)
コメントありがとうございます。
まりさんから紹介を受けた病院を受診したのですが、結果は厳しいものでした。
でも、今までの病院とは違い、いろいろ説明してくれました。
自分の気持ちを入れ替えるいい機会となり、まりさんには本当に感謝しています。
怪我から3年。
不自由な生活にも慣れ、不自由さとうまく付き合っていくこともできるようになりました。
全てがまりさんのおかげです。
ペインクリニックも調べてみます。
いつもありがとうございます。
まりさんもお体を大事にしてくださいね!

投稿: tetsu | 2013年5月30日 (木) 04時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183854/51388985

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱ、だめだった:

« ゲリラライブ | トップページ | 編曲中 »