« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月29日 (水)

相変わらず…

ずーっと残高ゼロだったtetsu基金。

昨日ようやく、少し貯蓄できました!!!

でも…

支払いを済ませたら…

現在の残高は、

13,969円coldsweats01

これでは、被災地に送っている今月分の野菜代金も払えないな…

相変わらず厳しいです。

先日の音響現場で、震災支援の募金箱を設置してくれた団体があります。

その募金の全てを私に託してくれました。

昨年も同様でした。

こんなこと言ってはバチがあたるかもしれないけど、集まった募金額が昨年とは桁違い。

やはり、震災の支援ムードは下降ぎみです。

いよいよ予想していたとおりの展開となってきました。

でも、まだ多くの方が募金をしてくれたのは事実。

私自身、その暖かい気持ちを心に刻み、この先も諦めることなく、これまで同様支援を呼びかけていきます。

今日現在まで、震災支援の寄付をしていただいた金額総計は、638,909円!

現在は、新たな目標として「100万円」目指して頑張っています。

この目標は、震災発生から2年を過ぎる来年にも、達成していないのは歴然…

でも、簡単にはやめられない。

いまだに苦しんでいる被災者を知っているから…

もし自分がその立場に置かれたら、右にも左にも行けない状況になることがわかるから…

被災地は、見た目には変わってきているように見えますが、何も変わってなんかいません。

自分の活動は、あれだけ広大な被災地にとって、砂に水をまいているような活動かもしれない。

でも、誰かが何かをしないと、何も変わらない。

テツは、まだまだ頑張ります。

わっ!

もう、こんな時間sweat01

早く寝ないと明日起きれないsweat02

では、おやすみなさいsleepy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

本格稼動

私が行う音響・照明の請け負いですが、本格的なイベントシーズンを向かえ、日々忙しくこなしております。

最近の音響現場の写真を何枚か載せましょう。

Kc3o0337

ある町内会の夏祭りの様子。

Kc3o0334

宅まわりは、いつもどおり小さなセット。

Kc3o0340

子供たちによる歌や踊りはやはり癒されますね。

見てるとなんかほのぼのした気分になります。

急遽、私のステージの時間を作ってくれたイベントもありました。

ギターを持参してたので、久しぶりに弾き語りました。

人に聞いてもらうために歌っているわけではないのですが、なんか歌ってて気持ちよかったです。

震災支援のための寄付金も、しっかりいただきました。

寄付をしてくださいました団体様、本当にありがとうございました。

来月からは、DOM SOUNDのスタッフが私を含め4人体制になります。

どんどんでかくなっていきますね。

新人教育は、基本的に私ではなく、スタッフにやってもらいます。

教えるのってすごく難しいんです。

教える人が中途半端にしか覚えてなかったら、教えられる方は意味がわかりません。

教える人が10わかっているとするなら、教えられる人には1ぐらいしか伝わらない。

10というのは未知数なので、もしかしたら100くらいかもしれない。

言葉で伝えるのはとても難しいのです。

教えることで、また分かる事がある。

教えることで、また成長できる。

私はそう思います。

私もついつい口をはさんでしまうのですが、できるだけ控えます。

作業ミスがあると、機材を損傷させ莫大な修繕費用がかかる。

でももっと大事なことがあります。

感電です。

音響・照明機器はかなりの電力を使用します。

分電盤や発電機から電源を引くので、知らずに触れると感電してしまいます。

これだけは、私だけの分野ということで、やっていきたいと思います。

機械修理が好きだった私は、小さい頃2度感電したことがあります。

とても恐ろしいものです。

目の前が全く見えなくなり、体が硬直する。

感電している指先は、そこからなかなか離れない。

髪の毛が逆立って、まるでドラゴンボールに出てくるサイヤ人のようになる。

しかも、体中焦げ臭い。

こんな有意義???な体験をした私は、幸せ者です。

電気の怖さを知っている…

みんさんは体験しないようにしましょうね!!!

来月は、今月よりも忙しくなります。

最近、聞いていて心地よい音というのが、わかってきた気がします。

私の音作りはまだまだ発展途上です。

もっと良い音を目指してがんばっていきます。

そして、震災支援も、海外支援も、もっと規模を拡大できるように努力していきます。

これからも、みなさんの応援をよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

転職???

昨日は、隣町木古内町へ屋外イベントの音響・照明に行ってきました。

Kc3o0283

屋外イベントですが、小さいスピーカーで対応しました。

これだけでも、結構鳴ります。

出力は2,000ワット。

Kc3o0282

ミキサー周りはとてもシンプル。

マイク使用本数も7本と小さな現場なので、ミキサーも小さいものです。

これで十分。

そもそも私の請け負う現場は、いつもこの程度。

デカイ機材も大量にあるけど、それらを使うことは年に数えるほどしかない。

以前のブログに書いていましたが、パワーアンプを最高級品に入れ替えました。

これまで何度か使用してきましたが、やはり音が今までとは全然違う。

芯のある、とてもしっかりとした音が出ています。

聞いている方々からも褒められました。

音についてよりも多い意見…

転職した方がいいんじゃない!?!?

何人もの人に言われました。

「これで飯は食えない」

と、何度言ったことか…

私のところに仕事が次から次へと入ってくる理由。

それは…

経費節減以外の何者でもない。

請け負い金額は決めていない。

気持ちを寄付してもらっている。

私は公務員なので、当然収入があってはいけないわけで…

収入の全てをいろんなところに寄付するので、私の収入はゼロ。

現場に行けば行くほど赤字になります。

たとえば、請け負い金額を決め、赤字にならないよう経営するとなると、

間違いなく仕事はなくなるでしょう。

最近、とても安価な音響機材が販売されるようになってきています。

当然、出音は悪いです。

でも、それでお金をもらってもいいんじゃない???って思うほどのレベルまできました。

時代の流れって恐ろしい。

で、個人でやっている小さな音響会社がたくさん生まれることになり、この業界を苦しめています。

ほんとこれでは、飯は食えない。

いつまで、こんなことをやっているのかわかりませんが、今すぐにやめる訳にはいかないようなので、とりあえず続けていきます。

続けるには、機材の入れ替えをしなくてはなりません。

昨日の現場でも1台機材が故障しました。

予備機を持参していたので、それで対応しました。

ホント次から次へと故障していきます。

早めに機材の総入れ替えを済ませ、心機一転頑張っていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

あなたって人は…

今日は、音響の現場に行ってきました。

機材は少し持って行けばいいだけの、小さな現場です。

24731

なのに、なのに…

他の人たちが運搬を手伝ってくれたにもかかわらず、

イベント終了後は足が痛くてたまらなかった。。。

もう歩けないとまではいかないが、結構きつい感じ…

仕事以外で、夜にあった会議にも参加せず、

なんと、マッサージを受けてました。

なんか怒られそうな気がするけど…

でも勘弁してくれ!

とても辛いのです。

私がいつも通っているところの施術師は、やはりすごい。

なんでこんなに楽になるのか。

現場に行く前の状況より、はるかにいい。

北海道知内町のこもれび温泉内に「リラクシング」というお店があります。

お疲れの方にはお勧めです。

是非行ってみてください。

話がそれましたね。

で、結論。

多少無理しても、「リラクシング」があるから大丈夫!!!

今日は、出音もべた褒めされました。

あなたの音響をいつも聞いているが、他とは比べ物にならない。

腕がいいのか、機材がいいのかわからないが、この音響で歌いたい、と。

私は、機材です!

と、即答。

間違いなく、腕はまだまだですね。

更に、今日はうれしいことが!!!

今日は来れないと言っていたスタッフのM君。

試験だったそうです。

でも、試験終了後、急いでかけつけてくれたのです。

来れないと言ってあるんですから、普通は来ないですよね???

俺だったら行かない…

「あなたって人は…」

彼を見た瞬間にその言葉が出てきました。

いまどき、こんな青年はめずらしい。

うちに来た当初は、機材を持つとフラフラして落としそうな感じだった。

でも、今はどうだろう。

うちにくるようになって二年。

必死に作業をしている彼を見ていると、たくましいし男らしい。

私が一つ運んでいるうちに、彼は三つくらい運んでいる。

仕込み作業もバラシ作業もとても早い。

いつも汗だくになって働いている。

私が、急げと指示をしているわけではないのに。

力もついたし、人間的にも大きく成長した。

彼のことは、以前のブログで紹介したことがある。

私のトラックに乗って被災地支援に同行した高校生が、彼だ。

自らの意思で被災地に行った。

しかも、学校を休んで。

自分が高校生の時はどうだっただろう。

そんなことを考えたことはあっただろうか。

全く思いつかない。

いわゆる、考えたことはないということ。

私は、彼のようなスタッフに支えられて、これまで活動を続けてこれました。

何人ものスタッフが、音響や照明の世界に巣立っていきました。

その子たちの活躍を聞くと、私も嬉しくてたまらないのです。

来月から、また新しいスタッフが仲間入りします。

しかも、今度は中学生!

いろんな人を受け入れてきたけど、そんな若い子は私も始めてです。

音響の世界に興味があって仕方ないそうです。

好きこそ物の上手なれ。

好きであれば年齢は関係ないですね。

この先、どんな風に成長していくか、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »