« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月22日 (金)

手紙が届きました

今日家に帰ってきたら、なんと、

私が支援をしている、ベトナムのかわいいかわいい子供たちから手紙が届いていました。

それぞれの子供たちが、自己紹介文を送ってくれたのです。

Kc3o0239

蛍光ペンでラインを引いてあるところが子供たちが書いた文章です。

下は通訳の方が書いたものです。

小学1年生なのに字がきれいなことflair

どの子も、とてもきれいな字を書いています。

頑張って練習したのでしょうね!

手紙には、興味のあることや、将来の夢などが書かれていました。

興味のあることは、「多くのことを知ること」「算数の勉強が好き」「ベトナム語の勉強が好き」など、日本の子供たちとは違うことがわかります。

将来の夢は、「看護師」「サッカー選手」「教師」などと書いてありました。

学校がなければ、家の仕事で夢など描く時間はなかったと思います。

教育というのは本当に大事なものだと思います。

中には、自己紹介文にこんなことを書いていた子もいました。

「私たちは、多くの支援を受けて、良い環境で学べるように願っています」、と…

小学1年生ですよ…

みんな、とても立派な子ばかりです。

私ももっともっと応援してあげなきゃならないなって思いました。

私のツボにはまる子もいましたnote

「歌を歌うことが好きです。私は歌手になりたいです。」、って、特別に応援したくなるくらいうれしかったです。

絵も書いてくれました。

とりあえず1枚だけ紹介します。

Kc3o0245

学校の様子ですね!

奥では、みんなが食べる野菜を育てています。

手前の子も笑っていて、学校の雰囲気がよく出ていると思います。

この子たちの生活は、以前のブログで書いたように、衣食住全てにおいて悲惨な状況です。

生きていくだけでやっとの状態です。

なのに、この子たちは…

そんな環境でも、夢を持って頑張っている。

そんな姿を見せられると、自分ってなんなのか考えてしまいます…

なんだか情けなくなります。

そして、もっともっと手厚い支援が必要だと思いました。

月々1000円からの支援もあります。

みなさんも、支援を考えてみませんか?

私は、この子たちを支えているつもりだったのですが、いつの日か自分がこの子たちに支えられていることに気づきました。

交流があると、心が温かくなるんです。

今日は、何よりも手紙や絵をもらったことがうれしいです。

とてもいい一日になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

予告どおり

昨日せっかく書いた記事を消してしまったので、今日また書きますね!

ってか、一日たったら昨日何を書いたのか…すっかり忘れてしまったcoldsweats01

なので、改めて書きますね。

先日書いた「いよいよきついぞ」の記事に対して、神奈川の方からメールが届きました。

このブログを通して知り合った方です。

その方も、治らないと言われた病気や怪我を克服されてきたそうです。

今でも大変な思いをされています。

それなのに、私ごときに親身になってメールを送ってくれます。

本当にうれしいです。

やはり、生の経験に勝るものはありません。

その方の体験を聞き、こんなことでめげている自分ってどうだろ?って思いました。

あまり弱音は吐きたくないのですが、実は、痛みで夜も眠れないのです。

結構辛いものです。

諦めずに頑張らねばなりません。

世の中には、名医と呼ばれる先生が多くいます。

その方の話だと、北海道にも整形外科の名医がいるとのことで、病院を紹介してもらいました。

行ったことのないところなのでよくわかりませんが、多分車で5時間くらいのところだと思います。

遠いので、通うのは大変ですけど、結果はどうあれ行ってみたいと思っています。

まだ諦めるのは早いと励まされ、また希望がわいてきました。

完全に諦めていたので、とてもありがたいメールでした。

いつも、いろんな方々に支えられている自分は、とても幸せものですね!

本当に感謝しています。

近々行ってみます。

震災支援も海外支援も、継続しています。

活動資金も完全に底をつき、とても厳しい状況ですが、被災地に毎週送っている野菜は継続して送っています。

支払いは当然ポケットマネーでsweat01

ポケットマネーと言える金額じゃないですけどshock

まあ、その辺はなんとかなるでしょう!

気楽にいこう。

それと、被災地の方々に使ってほしいと、イベント用テントの寄付がありました。

今度はいつ被災地に行けるかな???

送料が莫大なので、自分で運ぶしかないのですが、資金がない…

でも、行こうと決めたら必ず資金は集まる。

世の中そのようになっていると、私は思っています。

自分の利益のための行動ではないので、神様も味方してくれるでしょう!

人のために頑張ることは、自分の前を照らす明かりになるんだって思っています。

だから、何も悩むことはないです。

明かりを照らし続ければ、人生も迷子になることはありません。

照らされた明かりの方に迷わず進むだけ。

自論なのであてにはなんないですけどdash

てつは、まだまだ頑張ります!

では!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

前向きになった私

ありえねぇ~crying

さっきまでずっとブログの更新のため、長々と記事を書いていました。

前向きに転じた私のことを書いていたのですが…

投稿しようとしたら、突然ネットがつながらなくなって、記事が消えてしまったsweat02

うひょーぉ~dash

今日はもう遅いので、また改めて書きますhappy01

では、ばいにゃもしpaper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

いよいよきついぞ

最近、仕事がない。

しかも全くsweat02

知り合いの映像会社もほとんど仕事がないらしい…

世の中、とことんまずい方向に向かっている気がするのは私だけ???

仕事がないということは、震災支援のために貯蓄してきたtetsu基金もやばいのです。

残高なし!!!

明日、歌のレコーディングが一件入っているだけ。

あとは何も入っていない。

tetsuの活動は、いよいよきつくなってきました。

このまま活動を続けていけるか微妙なとこです。

追い討ちをかけるように、私自身にきついこともありました。

忘れもしない、平成22年2月22日。

2ばかり並ぶこの日、私に思いもしない出来事が…

前にも何度も書きましたが、滑って転んで足首を「骨折」したのです。

(そんなことで骨折するなんて、情けない…)

先生からは、「あなたは重症です」といわれました。

その時は、たかが骨折で重症って、この先生、冗談を言っていると思っていました。

今になってその意味がわかりました。

関節の隙間が狭くなっているのは、セカンドオピニオンで行った病院でわかっていました。

でも、この痛みはなんとか治るかもしれないと思って、毎日プールに通ってリハビリをしていました。

プールで仲良くなった周りの人も、2年くらい通えばよくなるから頑張りなさいって励ましてくれましたが、もう2年4ヶ月目。

周りの励ましも、あまり耳には入らなくなりました。

そこで、納得がいく回答がもらえるまで病院を転々としようと思い先週職場から2日休暇をもらいました。

保健師さんから紹介してもらった病院に行って愕然としました。

先生ははっきり「これは一生治りません…」と…

「痛みは怪我の思い出です」だって。

今までの先生は、はっきり言わなかっただけだったんですね。

「治るんですか?」って聞くと、どの先生も濁した回答しかしなかったんです。

だから、関節は治らなくても、痛みだけはどうにかなるかもしれないと思って頑張ってきました。

事実を知って、かなりショックでした。

でも、前向きに生きなきゃだめだと思います。

走れないだけで、まあまあ歩ける。

正座ができないだけで、少しくらいならあぐらはかける。

それほどの障害ではない。

あまり無理をしなければいいだけ。

今まで相当無理して歩いてきたけど、杖でも買おうか???

ん~………

どうするかな…

しかも、音響は続けていけるか???

機材はとても重いので、現場での作業は正直結構きついんです。

今は、震災支援という目的があるので頑張っています。

自分のためを思ったらやめた方がいいんだろうけど…

でも、音響を辞めて収入がなくなったら、ベトナムにいるかわいい子供たちや被災者の生活はどうなる???

てつ!

どうする?!?!?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »