« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月29日 (日)

現地支援活動 無事終了です

こんばんは。

私にとって3回目となる、東日本大震災現地支援活動を無事終えましたので報告します。

明日、ゆっくりブログの更新を、と思っていたのですが、今日のブログアクセスがいつもより多いので取り急ぎアップします。

みなさん心配されてくださっているのだと、ブログの解析を見て実感しました。

今回は0泊3日という日程だったので、心配をかけるのも当たり前ですよね…

わたくし、3日くらいは寝なくても大丈夫なんです。

心配いりませんのでご安心を。

今回の支援内容は、以前のブログで書いていたとおり、イベント用テント9張りを届けるというものでした。

今回は、急遽二人で行くことになりました。

以前から行きたいと言っていた高校生です。

学校が休みであれば喜んで連れていくのですが、27日は平日…

ちょっと戸惑いましたが、両親から承諾をもらっていることと、学校を休んででも行きたいという本人の意思の強さに負けました。

26日の仕事終了後、早速高校生を迎えに行く。

本人とお母さんが道路脇で傘を差して待っている。

トラックを止めると、お母さんが深々とお辞儀をし、よろしくお願いします。と丁寧に一言。

とても心配している様子だったので、無事に送り届けるのが自分の仕事だと感じた。

とにかく安全運転で走り、27日午前6時に宮城県石巻市に到着。

前に行った時と比べると、かなり綺麗になっている。

道路の凹凸もなくなって、走りやすい。

津波に流されてそのままになっていた車や船、瓦礫もなくなっている。

どれほどの人の協力があってここまでなったかわからないが、少しづつ復興に向かって進んでいることを感じた。

でも、町並みは以前と何も変わらない。

住宅は、相変わらずベニヤ板等で応急補修された程度の家が多い。

多くの住宅は解体され、基礎部分だけが残っている。

この光景は、言葉や写真ではとても伝えきれない。

とても悲しい光景だ。

以前は、全国から集まったボランティアの方々が町中で作業をしていたが、今はそんな光景もない。

ボランティア団体「愛ちゃんぷる~」の拠点に到着後、少し休んで早速テントの配布。

テントは4団体への配布が決まっていた。

その中の1団体は、以前のブログでも紹介していた「ふれあい商店街」。

商店街の代表の方と挨拶程度の会話をする。

とても感謝され、北海道から徹夜で運んできた疲れも一瞬でふっ飛んだ。

早速明日から開催するイベントで使用するという。

倉庫で使われることもなく眠っていたテントが、こんな風に有効に再利用される。

被災者が必要としていることが早くわかっていたなら、もっと早期に届けられた。

被災者が何を求め、何を必要としているかをもっともっと深く知る必要があると反省した。

午後からは、仮設住宅をまわるコンサートのお手伝い。

この日は、ある声楽家とビオラ奏者のコンサート。

仮設住宅にある集会所が会場で、この日は2箇所の仮設住宅を回った。

Kc3o0233

私の本業みたいなものなので、セッティングは早々と終了。

聴衆は10名程度と少ない。

声楽家もビオラ奏者もプロとして活躍している人だけあってうまいの一言。

即興で次から次へと演奏していく。

Kc3o0235

うなずきながら聞く人、目を瞑って心で聞く人、目を見ればわかるが何かを思い浮かべながら聞く人など、普通のコンサートとは何かが違う。

仮設で暮らす方々は、当然大きな被害を受けた人ばかりなので、音楽から感じる物の大きさも違うはずだ。

奏者も当然のことだが、ボランティアで来ている。

ビオラ奏者方と話した時、こんなことを言っていた。

彼女は今回が初の被災地入りだという。

前からここに来て演奏したかったが、知り合いがいるわけでもないのでどうしらいいのかわからなかった、と。

そういえば、私の友人の歌手の方も同じことを言っていた。

私が所属するボランティア団体が、そんな方々との架け橋になっていることを誇りに思う瞬間だった。

あっという間に夜になった。

本当はもう少し色々な活動をしてきたかったのですが、28日からゴールデンウイークが始まる。

青森からのフェリーがとれず、28日の夜中の便で帰ることになっていたため、コンサート終了後あわただしく帰路につく。

帰りのフェリーを見ると、何か寂しい気分になる。

Kc3o0236

現地滞在は27日の昼間のみ。

たった一日でも、自分にとってはとても充実した時間だった。

一緒に行った高校生にとっても、何か心を動かす重要な一日だったと思う。

帰りの車の中で「来てよかったです。」と話していた。

自分は、これからも出来る限りの支援をしていく。

たとえやっていることが小さなことだとしても、続けていく気持ちに変わりはない。

みなさん。

これからも被災地の応援をしてください。

小さな力の積み重ねが大きな力になります。

被災地出発前に、私に現金をくれた方がいます。

これから被災地に行くと話した瞬間、バックから財布を出して「前から何かをしたいと思っていたんだ」と一言いって…

猛烈に感動しました。

猛烈にうれしかった。

私は、多くの方に支えられて活動をしています。

みなさんの気持ちの暖かさに、感動する毎日を送っています。

毎週被災地に送っている野菜の需要が伸びているので、今以上の数量を送っていきたいのですが、tetsu基金も底をついた状態なので厳しいです。

でも、知恵をしぼれば何か方法があるはず。

tetsuは、これからも頑張ります!

見ていてくださいね!

では!!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

イベント用テントを贈ります

次の被災地支援活動の日程が決まりました。

4月26日(木)の夜中に北海道を出発します。

徹夜で走って、27日(金)の朝には宮城県石巻市に到着する予定です。

今回届けるのは、イベント用テント9張。

当初は、発送しようとも考えましたが、テント9張ともなると、とんでもない送料です。

トラック1台をチャーターすることになってしまう量なんです…

ゴールデンウイークに行われるイベントに間に合わせるため、急遽搬送することになりました。

自分のトラックで搬送します。

仕事がとてつもなく忙しく、休暇を取るなんてありえない状況ではありますが、なんとか頑張ります。

今回は一緒に行ってくれる方々を募ったのですが、急遽平日の移動となったため、一人で行きます。

行くと決意してくれた方々には、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですが、急遽決まったことなのでご容赦願います。

平日でも行きたいという方がいらっしゃいましたら、同行オーケーですのでご一報ください。

テントを寄贈してくださいました団体様に感謝します。

新品のテントを9張も購入したら200万円はかかります。

古い物ではありますが、被災地では喜んで使ってもらえると思います。

被災地復興の一助となることを祈って搬送します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

つぶやき

みなさん、こんばんは。

何の目的もなく、なんとなくブログを書き始めました。

これを「つぶやき」って言うのかな???

北海道は、だんだん春らしくなってきました。

今年の冬は雪が多く、いまだに家の周りの雪も溶けていませんが、日差しが気持ちいい毎日です。

何かと忙しく疲れが抜けない毎日でしたが、ここ何日かの出張で一気に疲れも取れました。

いつもは出張に行くととても疲れて帰ってくるのですが、今回は仕事が終わった後はホテルから一歩も出ず、ずっと寝てました。

食事もホテル隣のコンビニ。

移動も車の助手席だったのでほとんど歩くこともなかったです。

仕事ではずっと立ちっぱなしだったので足はパンパンでしたが、自分でマッサージしたら大分張りも取れました。

やはり人間って休養が必要ですね。

睡眠ってとても大事。

体は大丈夫でも、脳は休まないとならないそうです。

自分は、普段から心がけていることがあります。

時間の使い方です。

いくら仕事が忙しくても、勤務時間が終わったら帰ってきます。

その代わり、勤務時間中は一心不乱に仕事をしています。

2日かかる仕事を1日で終わらせることができれば、残業なんかしなくてもいいわけで…

普段の倍のスピードで考え、動けばいい。

とても発想が単純ですよね…

でも間違ってはいないと思います。

とても疲れますが…

自分は、やりたいことが山ほどあるんです。

家に帰ってきてからのスケジュールも、毎日決まっています。

少しですが、自分の趣味の時間も作っています。

前の自分にはできなかった、「休む時間」も作れるようになりました。

がんばり過ぎはよくないので。

もっと時間がほしいですけど、ダラダラ過ごすよりはいいかもしれません。

これから秋くらいまで、ずっと忙しい毎日になると思います。

時間を有効に使って、少しでも世の中のために活動できればな~と思います。

早く被災地に物資を届けたいのですが、スケジュールが…

早めに行けるように、頑張ります!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 2日 (月)

支援内容が決まりました

日々変化していく被災地の状況により延期していた「被災地支援ツアー」ですが、支援内容が決定したのでお知らせします。

被災地に、イベント用テントを贈ります。

震災の影響により、客足が途絶えてしまった商店街があります。

売り上げは、震災前の半分以下にまで落ちているそうです。

そんな状況の中、商店街の賑わいを取り戻そうと商店主たちが企画したのが「朝市!」の開催。

とても話が盛り上がったそうです。

でも…

話を進める中で、一つ大きな問題が…

イベント開催用のテントがない…

商店主は、店も、財産も、すべて津波で流されてしまっており、テントを買う余裕などない。

高齢化のため、これ以上の設備投資もできない。

私は、そんな話を聞いたので、イベント用テントを集めることにしました。

現在譲っていただけることになったのは、6張り。

他にもあたって10張り程度持っていけそう。

で、届ける日程を調整していた矢先…

商店街アーケード化の計画が打ち出されました。

内容までは詳しく確認できませんでしたが、どうやらテントは必要なくなりそう…

先日のブログで報告していたように、その計画がどうなるかわからなかったため、被災地入りは延期しました。

それをきっかけに、石巻市内でテントの需要を確認してもらったら…

商店のイベントを開きたかったのにテントがないため開催できなかった!

テントがあると、毎年開催してきた「お祭り」ができる!

など、かなりの需要があることがわかりました。

ということで、もう少しテントの寄付を呼びかけて、できるだけ多く届けられるように頑張りたいと思います。

不要なテントをお持ちの団体様などがありましたら、ご一報願えると助かります。

これからは、「被災地を元気にしていく!」ための支援が必要と思います。

テントを10張り積んだとしても、トラックの荷台は空きスペースがあると思うので、何か他にも物資を積んでいきたいと思っています。

一緒に被災地入りする方々と日程調整をして、早めに行けるようにしたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »