« 石巻から帰ってきました | トップページ | 野菜市を継続 »

2011年6月30日 (木)

愛ちゃんぷるのために

石巻市から帰ってきて、ちょうど一週間が経ちました。

被災地での生活がちょっとワイルドだったので、

いまだに北海道での生活になじめません。

何もかもが贅沢すぎて、何もかもがもったいない。

周りの方々と、自分との温度差がかなりあって、

正直ついていけない。

でも、これが日本人らしい生活なんでしょうね。

被災地にも、早くこんな日常が戻るといいな。

そのために自分も活動しているわけだし。

で、この一週間、今後の活動について自分なりにいろいろ考え、行動しました。

まず、既に始めていることがあります。

ボランティアで請け負ってきた音響業務ですが、

今後は、当分の間ボランティアではやりません。

なぜそんなことをするのか。

びっくりですよね…

「愛ちゃんぷる」への寄付金を募る形で運営します。

ですが、高額な請求をするつもりはありません。

活動の趣旨を理解していただいた方や団体に、

寄付をしていただく、という考え方です。

かかる経費は自分が払い、収入の全てを愛ちゃんぷるへ贈ります。

「愛ちゃんぷる」は、

被災した住宅のリフォームなどを無償で行うボランティア団体。

当然相当な経費がかかります。

そして、この先復興まで何年かかるかわかりませんが、

継続して支援活動を行っていきます。

継続はとても意味のあることです。

単発で支援をするのは、気持ちとお金があればできます。

単発で支援するのを悪いと言っている訳ではありません。

これは、本当にありがたいことで、とても大事な支援です。

でも、復興には長期的な支援も必要です。

これを実行するには、相当な覚悟がないとできません。

それを「愛ちゃんぷる」では行っています。

みなさんは気づいているでしょうか。

今までいろんなところに置いてあった震災の募金箱が、

徐々に減ってきていることを。

もう既に、支援への熱が冷めてきているんです。

私は、かなり小額の募金を、募金箱を見かけるたびにしています。

小額ならずっと続けていけるからです。

でも、今まであったところに募金箱がない。

まだ3ヶ月しか経ってないのに…。

復興にはほど遠い状況なのに…。

私は、継続的に支援をしていかなければ、

復興にかなり時間を要すると思います。

地域に根ざした活動を行っている「愛ちゃんぷる」がなくなったら…

困るのは被災者です。

愛ちゃんぷるを支えることも被災者支援と考えての行動です。

趣旨をご理解いただき、少しでも協力していただければと思います。

このほかにも、この一週間でまだまだたくさんの進展があり、

いろいろな方や団体が支援してくれています。

あまり長々書かれても、読むのに疲れると思うので、

また後日報告します!

あっ!

家電製品はまだまだ全然足りない状況です!

引き続きの支援をお願いします!!!

まとまったらまた私がトラックで被災者の元へ届けます。

まだまだがんばるで~!

|

« 石巻から帰ってきました | トップページ | 野菜市を継続 »

「支援」カテゴリの記事

コメント

今日、お疲れ様でした!


素晴らしいです!

投稿: lupin | 2011年7月 2日 (土) 19時50分

lupinさん!
この記事はlupinさんにも大きく関わってきます!
この先こんな感じで仕事を受けていきます。
ご協力お願いします!!!

投稿: tetsu | 2011年7月 2日 (土) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1183854/40620600

この記事へのトラックバック一覧です: 愛ちゃんぷるのために:

« 石巻から帰ってきました | トップページ | 野菜市を継続 »